シアーミュージックフェス’19(渋谷)レポート

2019年5月26日に、渋谷で開催されたシアーミュージックフェス’19のレポートです。

編集長・横山

私が行ってきました!

広々とした会場でゆったりと観覧

シアーミュージックフェス’19の会場は渋谷・109の裏にあるマウントレーニアホールです。
入り口には案内看板がありました。

開場時間の30分ほど前に着いたのですが、すでに50人くらいの人が並んでいました。

当日は5月なのに30度を越す真夏日でしたが、冷房のきいたところで並べたので負担はそれほどなかったです。

中はとてもオシャレな雰囲気。こちらはドリンクなどが注文できるバーです。

ライブハウスなのに、まるで映画館のようなゆったりとした席の会場でした。

最初はプロアーティストのライブ

シアーミュージックフェスは2部構成となっています。

最初にプロとして活動しているアーティストさん4組のライブ(各30分程度)があり、その後に生徒さんの発表会を兼ねたライブが行われます。

今回、プロとしてステージを披露してくれたのは以下の4組。出演しているアーティストさんはいずれも過去にシアーで習った経験のある人たちのようです。

MEMO
このイベントは撮影(動画も含む)が自由にできます。肖像権に配慮して、あえて顔がはっきり映っていない写真を掲載しています。

ライブハウスで演奏する人は力量が今ひとつの人もいるのですが、今回の4組はいずれもレベルが高かったと思います。

余談ですが、これからボイトレのレッスンを受けようと思っているなら、ぜひライブハウスに行く習慣ももってほしいと思います。

ライブハウスはプロのライブを間近で見ることができるので勉強になりますよ。

また、ライブハウスはアーティストさんとの距離(物理的にも精神的にも)が近いのも魅力です。演奏が終われば気軽に話もできるので、いろいろなライブに行って好きなアーティストを発掘するのも楽しいです。

生徒さんのライブ

(スタッフの方による舞台裏レポート動画。ただしこれは2017年のものです)

プロアーティストのライブのあとは、9組の生徒さんによるステージです。

全組のステージが終わったあとに投票によって順位を決めるので、入場したときに投票用紙をわたされました。

大宮校・所沢校の合同チームから演奏が始まり、各校の持ち時間は10分程度で2~3曲が披露されました。途中で休憩をはさんでいますが、全部で3時間くらいの長いステージでした。

最終的に、私はこのように投票しました。

1位が立川校(15点)、2位が船橋校(12点)です。ちなみに3位は吉祥寺校と渋谷校(11.5点)。点数はもちろん自分の中での点数です。

立川校を評価したポイントは以下の4点。

  • ソロで歌った生徒さんの歌唱レベルが軒並み高く、ソロシーンの使い方が効果的であったこと
  • ステージに世界観が表現されていて、衣装にも強いこだわりが感じられたこと
  • 先生がサポートに徹しており、目立っていなかったこと
  • 迫力があって「ゴスペル」という言葉のイメージから離れすぎていなかったこと

写真はあえて鮮明なものを使っていないのでわかりにくいでしょうが、衣装は全校の中でも一番、凝っていたと思います。

船橋校を評価したポイントは以下のとおりです。

  • 1曲目に「ゲゲゲの鬼太郎」のテーマソングをもってくるという奇をてらった選曲。後半でポップにアレンジしたバージョンにかわり、最初のドロドロした雰囲気から一気に明るくゴスペルっぽい歌唱に変わったので、この転換が良かった
  • 黒で統一した衣装で、ゴスペルのイメージもちゃんと残していた
  • 歌唱に迫力があった
  • 先生がサポートに徹していて目立っていなかった(ステージに居なかったのかも)

もう1曲ないの? と思ったところで終わってしまったのが残念にも感じましたが、逆にそう思わせたというところを加点要素にしました。

真ん中にいたお姉さん、衣装もヘアスタイルもかなり気合が入っていたのを私は見逃しませんでしたよ。

次点が渋谷校と吉祥寺校でした。いずれもほぼ私の中では同点です。

吉祥寺校はとても生徒さんのまとまりがよく、楽しそうな雰囲気が良かったのですが、「ゴスペル」から離れすぎてしまっていたきらいがあったのが私の中で減点要素となりました。

渋谷校は気合いが入っていたでしょうが、歌の発表会なので、楽器に凝るのはやや方向性が違っていたかもしれませんね……

以上のようなことを考えながらステージを観ていました。

あくまで今回は「ゴスペル」というテーマがあったはずですが、教室によってはあまり気にせず単なる合唱になっていたところもあったように思います。

ゴスペル=単なる合唱ではないと思うので、そこをどううまく取り入れてステージの構成を作るかという点で、各校の内容に差が出たような気がしました。

おわりに

プロのアーティストさんのライブは、だいたい同じような内容で2500~3000円くらいの入場料(+ワンドリンク)がかかるのが普通です。それを考えると、無料でこれだけ楽しめれば十分ではないかと思いました。

また、一般の人が見に来る会場で歌う機会があるのはとても良いことではないかと思います。ステージ経験は歌の成長に間違いなくプラスになりますので!

なおシアーミュージックフェス公式サイトの下のほうに書かれていますが、フェスは半年に1回くらいの頻度で開催されています。

生徒でなくても申し込めるので、もし、シアーミュージックに興味があるならぜひ、気軽に申し込んで参加してみてください!